月刊誌トップフォーラムとは 不自由でもいい

レーシック手術なんて他人事だと思っていたのですが、最近になって知り合いやママ友が手術を受けたという話をチラホラ聞きます。随分一般的な手術になってきたのかなあと内心ちょっと驚いてます。きっとまだまだ費用がかかるだろうに。私なんかは恐がりなので、レーザもしくはカンナのような機械で、角膜の表面をごく薄くスライスして内部の角膜をレーザーで少し削り取る手術・・なんてちょっと想像しただけでもうダメです。。
ただ言葉の与える印象だけでなく、レーシックにはデメリットが多いことが分かっています。まず、視力がj完全には回復しないこと。眼鏡やコンタクトレンズで矯正していた人がレーシック手術でいきなり2.0見えるようになったりしません。視力が落ちる可能性もありますし、角膜の知覚神経を削るのでドライアイになり易く、角膜が薄くなることで眼球の強度が落ち、強い打撲などで眼球が破裂することもあります。そんなマイナス要素がありながらも、レーシック手術を熱望する人はどんどん増えているんだとか。
報道ニッポンでもレーシック手術の記事が出てましたけど、まだまだ歴史の浅いこの技術、銀座の眼科が感染性角膜炎の集団感染を引き起こしていた不祥事もありましたし、実績があって信頼できる医者を探さないと「気軽に」はなかなか踏み切れないような気がします。
裸眼になるために勇気を振り絞るか、ちょっと不自由だけど今の生活を選ぶかと聞かれたら、迷わず後者です。もっとリスクの少ない方法が開発されたら気が変わるかもしれませんけどね~。恐がりにはレーシックは無理(笑)





他にも専門医が居て、気軽に通いやすい病院に近い物件は美容に興味のある女性には魅力的ではないかと思えました。
そしてやはり部屋のデザインにはこだわりを反映したいのでオーダーキッチンが可能な物件を探したいと話していました。
予定時間よりもだいぶ早く着いてしまったので近くにあったコンビニで時間を潰す事にしました。
あまり利益は出ないがパソコンが安くなったこともありK53Eのパソコンを購入しました。
その方は元々報道ニッポン 異業種ネットに掲載願望が強かったらしく、ようやく掲載されたのだそうです。
内容のさわりの部分と思われる霧島に行くための心得、という文章が続いていました。
友人は現在、賃貸に住んでいて、そこからだと仕事先までの道のりが遠いため、交通が不便なのだそうです。
私も友人が、国際通信社 コマンドマガジンが発行する雑誌を購読してみた話を聞いて興味が出た事があり、電話で問い合わせをしました。
最近ではかばんをオーダーメイドで注文する事も可能なようで、ピンクが好きだったと思われる方の物がありました。
雑誌には色々な情報が書かれており、リニューアル仲介というものからフラット35と書かれたページまでありました。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック